ある程度片想いに疲れたとき

だけどわりに私って上手にやっているほうだよね。留意しないといけないのは、いざというときにちゃんと勇気をもってアタックすることね。

着実に異性を受け止めることができるくらいの器の大きさが肝要なんだなぁとつくづく思う。圧倒的に美麗な女子になって元恋人さえも見返してやりたいとよ。

たいていは、ダイスキな男性はスポーツマン風の人で天真爛漫な人かな。うーん、贅沢?鹿児島で会社員やってる男の人のトモダチは忙しくてめぐり合いが少ないんだって。それも悩みの種だね。

話は変わるけど、婚活に関してはヒマを作らないというのは鉄則なのよ。ずっと独り身なのを避ける点は人柄を磨くことだと思うなあ。

そもそも相手の考え方と自分の視点は違うから、いろいろな点で怖いですね。ワタシには立場をちゃんと持っているオモシロイ人がお似合いですよね。

おととい後輩からもらったE-メールによると初恋の相手がプロポーズされたみたいでなぜか失望なのだ(T0T)。何といってもメンズは女の人の怒ったときの顔を見てほれ込むらしいね。

無益な出会いはできればしたくないけど、厳しい課題ね。片恋の男の人とのデートがうまくいくように前もってエステ行っておこうっと。

厳選に選択を重ねているうちに大好きな男性はとられていくのよねぇ。化粧品とか洋服とかは、極力女性心理を反映したものがいいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>